Entries

津和野町郷土館(島根県津和野町)

                    島根県唯一の郷土歴史博物館(当時)として大正10年に津和野藩藩校養老館の御書物蔵を利用し開館し、昭和15年に現在の建物が建てられ戦時中は休館、戦後は町役場庁舎としても使われた時期がありますが昭和29年に再び郷土館として再開。現在へと至っています。建物は国指定登録有形文化財。入母屋造妻入赤瓦葺の木造2階建で、両側面前寄りに大きく切妻造平屋建を付設、正面に切妻造の車寄...

高津屋伊藤博石堂(島根県津和野町)

          高津屋伊藤博石堂は寛政10(1798)年に津和野城下にて薬種問屋として創業し、津和野藩の御殿医であった森家(森鴎外の実家)とも当然のことながら関係が深かったという老舗です。                      一等丸の看板一等丸は5代目利兵衛が精製した即効性の胃腸薬で軍医でもあった森鴎外が愛用した薬としても知られています。現在は東大阪の三和薬品工業が製造し伊藤博石堂が販売元とな...

津和野町役場(島根県津和野町)

          武家町にある藩家老大岡家表門を潜ると大正8(1919)年に鹿足郡役所として建てられた純和風建築の津和野町役場があります。津和野町役場本庁舎はは2005年の町村合併で旧日原町に置かれますが、この建物は現在も津和野町役場津和野庁舎として活用されています。町村合併の翌年の2006年には国指定登録有形文化財にも登録されています。          真壁造,瓦葺きの和風建築で,益田市立民俗資料館(旧美...

本性寺 小野寺義道の墓(島根県津和野町)

          本性寺は日蓮宗の寺院で、関ヶ原の戦いで当初は東軍に付くも長年の仇敵最上義光の指揮下に入ることを拒否し上杉景勝と内通して最上義光を挟撃しようとしたことを理由に改易され津和野に配流された出羽横手城主小野寺義道と弟康道一族の墓があります。雪が降り積もったこの日の景色は彼らの故郷である横手と少し似た雰囲気。雪が降り積もるような日には彼らも故郷を思ったことでしょう。         ...

旧布施時計店(島根県津和野町)

                         和風の商家建築が軒を並べる津和野の重伝建地区にあって異彩を放っているのが昨日の津和野カトリック教会とこの旧布施時計店の建物。現在は山陰中央新報津和野支局の建物となっていますが建築当時の時計店のショーウィンドウなどはそのまま残されています。国指定登録有形文化財通りに西面する木造2階建、桟瓦葺。正面1階を店舗、2階及び背面を住居として建設。正面側はパラ...

津和野カトリック教会(島根県津和野町)

国重伝建地区である津和野の街並みを歩いていると伝統的な和風建築が立ち並んでいる中、急に一際大きく美しい教会の建物が視界に現われます。ここ津和野カトリック教会は天主堂と神父館が国指定登録有形文化財に登録されています。...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

本能寺(京都市中京区) Apr 26, 2017
祇園ない藤(京都市東山区) Apr 24, 2017
松屋常盤(京都市中京区) Apr 22, 2017
村上開新堂(京都市中京区) Apr 20, 2017
崇禅寺 細川ガラシャの菩提寺(大阪市淀川区) Apr 17, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR