Entries

晧臺寺(長崎県長崎市)

         慶長13(1608)年に肥前国相浦の飯盛山洪徳寺七世であった亀翁良鶴が創建した曹洞宗の寺院で、元和元(1615)年に佐賀玉林寺住職一庭融頓が住持を兼ねることになります。正式な山号寺号海雲山普昭晧台禅寺といいますが、これは一庭融頓が明正天皇より下賜されたものです。...

大音寺(長崎県長崎市)

          大音寺は元和3(1617)年に伝誉関徹がミゼリコルディア教会の跡地を賜り創建開山した浄土宗の寺院で、長崎奉行の帰依を得て寺地や堂宇の寄進を受け幕府からも朱印状を賜っている寺格の高いお寺で、現在もお隣にある皓台寺と本蓮寺とともに長崎三大寺のひとつに数えられています。...

千寿軒長崎屋(長崎県長崎市)

          千寿軒長崎屋は新大工町商店街内にある昭和4(1929)年創業の和菓子屋さん。外国人含め観光客の多い長崎市内ですが一筋路地に入るだけで地元の買い物客(年齢層高め)で賑わいのある昔ながらの商店街に出会うことが出来ます。ただ新大工町商店街の中核店舗であった玉屋が閉店し再開発が行われるそうで昔ながらの商店街の景色が今後少々変化するかもしれません。          長崎オマガリにゃまがし長...

水神神社(長崎県長崎市)

          長崎五社のひとつに数えられる水神神社は寛永年間(1624~1645)に長崎出来大工町に祠を建立し、その後の明暦年間(1655~1657)に炉粕町に移転、大正時代に長崎市中心部を流れる中島川の上流である現在地へ移って来ています。享保4(1719)年から昭和初期まで行われていた水神祭はシーボルトが『日本』に記しているほど大きなお祭りだったそうです。...

長崎街道一の瀬口蛍茶屋跡(長崎県長崎市)

          長崎電気軌道の終着駅蛍茶屋。この地名から昔は街道沿いの茶店が地名の由来なんだろうと推測できるわけですが勿論その推測の通りです。古くは長崎電気軌道の工場もあったそうでここで被爆した方々の証言などがネットでも読むことができますが、現在も長崎電気軌道の路面電車の車庫があり乗務員もこちらに所属しているようです。          ...

五島町 大浜玄雅亡命の地(長崎県長崎市)

本日より3月初旬に訪れた長崎県の記事に戻ります。                   甥宇久純玄との家督争いに敗れた大浜孫右衛門玄雅(後の初代福江藩主五島玄雅)が所領である福江島大浜より長崎へ逃れ島津義久の仲介で五島へ帰島するまでの7年余りの間屋敷を構え滞在したとされる場所が長崎駅の南側にある五島町。その際に弾圧を恐れたキリシタンたちも玄雅に付き従い五島町へ移り住んだとされます。屋敷の遺構など当然の...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

祇園ない藤(京都市東山区) Apr 24, 2017
松屋常盤(京都市中京区) Apr 22, 2017
村上開新堂(京都市中京区) Apr 20, 2017
崇禅寺 細川ガラシャの菩提寺(大阪市淀川区) Apr 17, 2017
阪急京都線上新庄駅(大阪市東淀川区) Apr 16, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR