Entries

谷大膳衛好の墓(兵庫県三木市)

          三木城に篭る別所氏攻めの際に補給路を建つために居城平田城(砦)に布陣していた織田家の武将(秀吉の与力)谷大膳衛好は糧食などを三木城に搬入しようとする毛利方と交戦、猛将として知られた大膳は奮戦するも討ち死にします。彼の御首級は一度は室小兵衛に奪われますが乱戦の最中嫡男衛友が小兵衛を逆に討ち取り奪い返しています。墓は衛友を藩祖とする丹波山家藩7代藩主谷衛秀が家臣福田正親に命じて造営...

神戸電鉄三木駅(兵庫県三木市)

          昭和13(1938)年、神戸電鉄の前身企業のひとつである三木電気鉄道延伸に伴い開業。開業当時は三木福有橋駅という名称でした。          木造駅舎の下り線駅舎。構内踏切廃止まではこの駅舎が三木駅でしたが構内踏切廃止に伴い上り線にも駅舎が新築されています。三木市の一応代表駅ではありますが三木駅も現在は無人駅となっていることからも粟生線の状況が決して芳しくないことが分かるような気が...

旧玉置家住宅(兵庫県三木市)

          現在は資料館・交流施設として無料で一般公開されている旧玉置家住宅。三木町は延享4(1747)年から天保13(1842)年まで館林藩の飛び地領となりますが、この建物は館林藩が財政建て直し策を図るため切手会所(今で言う銀行)として建てられたことを始まりとしています。道路側の母屋二棟と土蔵一棟が文政9年に建てられた当初からある建物で、玉置家に所有権が代わった明治8(1875)年以降に離れ座敷・渡り廊下...

本要寺(兵庫県三木市)

          創建当初は天台宗の寺院でしたが、正和4(1315)に魔訶一院日印上人が関西での布教の途次に立寄り当時の住職と対論を行い勝利したため日蓮宗に改宗し寺名も現在の本要寺に改められています。その後三木城合戦後に秀吉は本陣を平井山から奇跡的に焼け残った本要寺本堂に移して長治の首実険を行ったり住民を呼び戻すための免租の制札を立てるなどの戦後処理を行い、本要寺を三木町各宗十六ヵ寺院の主席に命じて...

三寿ヾ刃物製作所(兵庫県三木市)

                    三木は刃物の町として全国的に知られており今も多くの刃物業者の工房が包丁などを製造しているほか、最近は死語となりつつありますが肥後守といえば三木の刃物業者が登録商標を持っているぐらい三木は全国にその名が知られていました。日本で始めてステンレス製割り込み包丁を世に出した三寿ヾ刃物製作所は戦後すぐの昭和21年創業ですが建物は明治時代中期頃に建てられた町屋で、平成26年...

神戸電鉄三木上の丸駅(兵庫県三木市)

                    神戸電鉄の駅舎の中でも外観だけ見れば圧倒的に古そうなのが三木上の丸駅。盛土上を神鉄が走っているためにスロープ?上の坂道を上り下りする形で道路から駅改札へ向かうこととなります。駅舎は無人駅で自動改札機が設置されていますが外観などは恐らくは開業当時そのままのような感じです。線路を挟んで反対側には羽柴秀吉に兵糧責め(三木の干殺し)されて落城した別所氏の居城三木城が...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。 


※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

月別アーカイブ

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

山長菓舗(兵庫県明石市) Sep 25, 2017
空印寺(福井県小浜市) Sep 23, 2017
石窯パンの郷こころ(福井県小浜市) Sep 20, 2017
羽賀寺 秋田実季・安東英季の墓(福井県小浜市) Sep 16, 2017
小浜聖ルカ教会(福井県小浜市) Sep 13, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR