Entries

旧商家熊瀬家住宅(滋賀県高島市)

                朽木の中心部である市場地区、鯖街道沿いにある紅殻の連子格子が印象的な熊瀬家住宅。熊瀬家は酒・醤油など醸造業を営んでいた家で朽木家の御用商人として幅広い商業活動をしていたそうです。この一帯は古い町並みがまだ残っているエリアです。★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。にほんブログ村...

旧興聖寺跡朽木家墓所(滋賀県高島市)

        現在の興聖寺がある岩瀬地区とは安曇川を挟んで対岸にある柏(かせ)地区に江戸時代中期まで興聖寺はあり、寺の移転後も江戸時代中期までの朽木家歴代当主の墓が現在も残されています。と言うことで道元が周辺の景色が宇治興聖寺に似ていると言ったのはこの地付近になります。...

旧朽木郵便局(滋賀県高島市)

        鯖街道沿いにある旧朽木郵便局は昭和13年に建てられ61年まで朽木郵便局として使われていました。木造2階建てで設計はW・M・ヴォーリズが担当したと伝わります。       個人的にはとなりの民家の立派な茅葺屋根の方が印象に残りました。★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。にほんブログ村...

丸八百貨店(滋賀県高島市)

               丸八百貨店は朽木村役場(現高島市朽木支所)からほど近い場所、鯖街道に面した場所に建っています。昭和8年に下駄屋を営んでいた大鉢捨松が擬洋風の2階建て百貨店を建設、1階は雑貨・本・新聞・下駄など、2階では呉服が当初販売されていたそうです。その後昭和12年には屋上に防空監視哨が設けられ、昭和18年に防空監視哨が村役場に移されたことを機に3階が増築されています。          ...

興聖寺(滋賀県高島市)

        嘉禎3(1237)年に朽木領主佐々木信綱(朽木家の祖)が承久の乱で戦死した一族の供養を願い曹洞宗開祖道元を招いたことに始まり寛元元(1243)年に道元が越前下向の際に朽木へ立ち寄り寺の建立が始まります。その際に周囲の風景が宇治興聖寺に似ていることに道元は驚き山号を高巌山興聖寺とするよう勧奨されたそうで、多くの末寺を抱える格の高い寺院でした。現在の場所(岩瀬地区)へは江戸時代中期に移ってきて...

朽木陣屋(滋賀県高島市)

        朽木陣屋は朽木谷の地を鎌倉時代より治めてきた宇多天皇の末裔佐々木氏(佐々木源氏)の庶流朽木家が江戸時代に入り旗本交代寄合となり新たに築いた陣屋で、北川が安曇川と合流する土地に築かれ9万3千㎡の土地に本丸・二の丸・三の丸が設けられ御殿・侍所・剣術道場・馬場・武器庫などが建てられていたそうですが、明治維新後に建物はことごとく壊されてしまい現在は堀と石垣の一部と井戸が残っているぐらいです。...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

乗願寺 森本儀太夫の墓(京都市下京区) Jul 22, 2017
大極殿本舗(京都市中京区) Jul 12, 2017
聖光寺(京都市下京区) Jul 09, 2017
宮脇賣扇庵(京都市中京区) Jul 04, 2017
建仁寺(京都市東山区) Jul 01, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR