Entries

本家菊屋(奈良県大和郡山市)

        本家菊屋は奈良県下で現在も営業している和菓子店の中では最も歴史のある天正13(1585)年創業、郡山城大手門前にあたる現在地で創業しました。100万石の太守となり郡山を本拠城とした豊臣秀長が兄秀吉を招いて開く茶会に出す菓子を作るようこの店の初代で御用菓子司であった菊屋治兵衛に命じ、苦節の末に粒餡を包みきな粉を塗した餅菓子を作り揚げ献上したところいたくお気に召し「鶯餅」と命名しました。これが...

郡山城(奈良県大和郡山市)

        郡山城は天正8(1580)年に筒井順慶が築城。その後、天正13(1585)年に大和・和泉・紀伊3国100万石の太守となった豊臣秀長(秀吉の弟)が本拠城として大幅に改修を加えます。関ヶ原の戦いで増田長盛改易後は筒井一族である筒井定慶を経て大阪の陣後は水野勝成・松平家・本多家などの譜代大名が入封し最後は15万石で入った柳沢家の時代に明治へと至ります。城跡一帯は奈良県指定史跡...

筒井順慶五輪塔覆堂(奈良県大和郡山市)

        近鉄平端駅から徒歩10分ほどの場所に大和の国持大名となった戦国武将筒井順慶の霊屋があります。この霊屋は昭和19(1944)年に国の重要文化財の指定を受けています。元々はこの場所の南側にある長安寺の墓域で順慶の墓を守るための西寺というお寺もあったそうですが、現在は住宅地内にある小さな公園のような空間になっていて筒井筒橋という溝にかかる橋?を渡ります。        天正12(1584)年、居城郡山...

大納言塚(奈良県大和郡山市)

           近鉄郡山駅を降りて西側に15分弱ほど歩いたところに秀吉の弟である大和大納言こと豊臣秀長の墓があります。彼が生きながらえていれば関ヶ原の戦いも起こらなかったとさえ言われる秀吉の家系では珍しい器量人として有名です。                                 秀長の死後、兄秀吉によって建立された菩提寺大光院は秀長の家臣であった藤堂高虎により京都大徳寺へ移され塚も...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

文永寺跡 飫肥藩主伊東家僑墓(宮崎県宮崎市) May 27, 2017
山田越前守有信の供養塔(鹿児島県霧島市) May 20, 2017
JR肥薩線吉松駅(鹿児島県湧水町) May 18, 2017
JR肥薩線真幸駅(宮崎県えびの市) May 16, 2017
JR肥薩線矢岳駅(熊本県人吉市) May 14, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR