Entries

名張市内を初瀬街道沿いに歩く

                                今回はスルっとKANSAIの2dayパスを利用し名張を訪れたのですが、名張市は行政上三重県と中部圏に入るのですが近鉄の急行で難波まで1時間ほどと非常に近く関西のベッドタウンとなるのも頷けます。言語も含め伊賀地方はやはり中部圏ではなく関西圏と密接な関係にあるように感じました。...

大和屋(三重県名張市)

                             初瀬街道沿いで150年以上営業している大和屋。嘉永5(1852)年創業の老舗で、こちらの建物も現在国の登録有形文化財に登録されています。           大和屋と言えば栗羊羹です。大和屋は全国でも数軒しか残っていない薪から火を熾し餡炊きをするお店で、この羊羹も手間隙かけて作られています。           水羊羹は伊賀地方冬の名物。水羊羹と言...

旧細川家住宅(三重県名張市)

                               名張市街地を探索中に見つけた細川家住宅。立て看板によれば、元々は大和大宇陀(現奈良県宇陀市)の豪商細川家の支店としてここに建てられたそうです。大宇陀は江戸時代より幕府の薬園が設置されるなど薬とは縁が深い土地で、藤沢薬品工業(現アステラス製薬)創業者の母親の実家がこの細川家の出だそうです。現在はカフェが入っており、街歩きの休憩場所として利...

川地写真館(三重県名張市)

                      江戸川乱歩生誕の地のすぐ近くにある独特の形態をした建物が川地写真館。名張市内で初めて登録文化財指定を受けた建物です。建物は大正時代の建築で昭和45年に改修されています。東側道路を正面に北東の3階建屋根に三角の妻壁を立ち上げ、パラペット隅に小塔形飾りを付けています。文化庁のホームページの説明によれば外壁はモルタル塗で、1・2階外壁のタイル貼は後の改修。当初の写場...

徳蓮院 名張藤堂家墓所(三重県名張市)

          名張藤堂家邸宅を出て名張街道沿いに歩き名張川沿いを歩くと名張藤堂家の菩提寺である徳蓮院に辿り着きます。...

名張藤堂家邸跡(三重県名張市)

          江戸時代を通して伊賀国名張地方を治めていたのは名張藤堂家(藤堂宮内家)と言われる家でした。現在も名張藤堂家邸宅の一部が残っており(三重県指定重要文化財)、有料ではすが一般公開されています。...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

文永寺跡 飫肥藩主伊東家僑墓(宮崎県宮崎市) May 27, 2017
山田越前守有信の供養塔(鹿児島県霧島市) May 20, 2017
JR肥薩線吉松駅(鹿児島県湧水町) May 18, 2017
JR肥薩線真幸駅(宮崎県えびの市) May 16, 2017
JR肥薩線矢岳駅(熊本県人吉市) May 14, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR