Entries

松坂屋(長野県塩尻市)

          軒先に吊るされた赤い櫛の看板が印象的なのが松坂屋。奈良井など木曽路のおみやげ物全般を取り扱っているお店です。   ...

徳利屋(長野県塩尻市)

          脇本陣を務め、また御嶽講の定宿でもあった旅籠徳利屋を営んだ原家は木曽代官山村家御用商人として奈良井宿では最も有力な商家で、こちらも天保年間ぐらいの建築だとされる建物は塩尻市指定文化財の指定を受けています。島崎藤村や幸田露伴なども宿泊したという旅籠は昭和12年に廃業し、現在建物は茶房・そば屋として活用されているほか資料館としても一般に開放されています。【住所】塩尻市奈良井516    ...

中村家住宅(長野県塩尻市)

                     奈良井宿の名産であった塗櫛の問屋を営んでいた中村利兵衛の住宅として天保8~14(1837~43)年に建てられた住宅で、奈良井宿の町屋の典型的な造りである間口が狭く奥行きがある出梁造(1階よりも2階部分を少しせり出させる)が特徴的な建物で正面は蔀(しとみ)となっています。この建物の移築問題が浮上したのがきっかけで奈良井宿の町並み保存運動が起こり国の重要伝統的建造物群保...

上問屋手塚家住宅(長野県塩尻市)

          手塚家は奈良井宿で江戸時代初期より代々問屋を主とする業務に携わっていた家で、その後は庄屋も兼任するなど奈良井宿を代表する家格を持った家でした。中仙道に面して建つ主屋と後方に建つ別棟座敷は天保11(1840)年の建築で主屋は一階に問屋業のための会所を設け、これとは別に上客のための玄関と洗練された意匠を持った座敷を備えています。建築年代がはっきりしている事と江戸時代末期の木曽地方における...

長泉寺 藤田能登守信吉の墓(長野県塩尻市)

          中山道奈良井宿にある長泉寺は貞治5(1366)年に元章希本和尚の開山とされる曹洞宗の寺院で、江戸時代は幕府のお茶壷道中の宿泊所としても利用されていた寺です。山門は焼失を免れた奈良井宿本陣の門を移築したものだそうです。...

重要伝統的建造物群保存地区奈良井宿(長野県塩尻市)

奈良井宿は中山道の宿場の中でもかなり規模の大きな宿場で、天保8(1837)年の大火後は大きな火災などが無かったことから天保以降の古い建物が現在も多く残っており、昭和53年には国指定重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けています。...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

文永寺跡 飫肥藩主伊東家僑墓(宮崎県宮崎市) May 27, 2017
山田越前守有信の供養塔(鹿児島県霧島市) May 20, 2017
JR肥薩線吉松駅(鹿児島県湧水町) May 18, 2017
JR肥薩線真幸駅(宮崎県えびの市) May 16, 2017
JR肥薩線矢岳駅(熊本県人吉市) May 14, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR