Entries

山田越前守有信の供養塔(鹿児島県霧島市)

                         山田越前守有信は島津家の重臣で日向の伊東家救援の名目で遠征してきた大友家の大軍を相手に僅かな兵と居城である高城へ篭城し結果大友家大敗の遠因を作り(耳川の戦い)、秀吉の九州征伐でも耳川の戦いと同じく寡兵で高城に篭城して抵抗、島津義久の説得により開城するまで城を守っています。その武勇を秀吉より賞賛され天草4万石余りの直参大名に取り立てようとしますが辞退...

JR肥薩線吉松駅(鹿児島県湧水町)

          現在は肥薩線の駅であると同時に都城とを結ぶ吉都線の始発着駅でもある吉松駅。その昔は鹿児島本線と日豊本線の分岐駅であり、それ以外にも山野線や宮之城線といった支線も担当する吉松機関区が構内に置かれ旧吉松町の人口の3割が国鉄職員とその家族といわれるぐらい鉄道と共に栄えてきましたが鹿児島本線は海ルートになり、宮之城線や山野線が廃止された現在はローカル線の主要駅といった雰囲気で昭和の国鉄...

磯くわはら館(鹿児島県鹿児島市)

              磯工芸館の横にあるのが鹿児島のフレンチレストラン磯くわはら館。建物は元々は串木野にあった旧芹ヶ野島津家金山鉱業事業所で、磯珈琲館として国の登録有形文化財に指定されています。寄棟造の2階建本屋に片入母屋屋根の玄関及びムクリ屋根の張出し部がつく。外壁は下見板貼りとし、2階正面に連続アーチで構成されるベランダを設けるなど洋風の外観に、和風の屋根をかけた独特の形態を保つ(文化庁...

旧島津家吉野植林所(鹿児島県鹿児島市)

              仙巌園に隣接する磯工芸館は鹿児島県吉野村から吉田村(現在ともに鹿児島市内)に広がっていた島津家吉野殖林事務所の建物を昭和61年に移築したものです。建物自体は明治42(1909)年に建てられたもので寄棟造の本屋、その正面に独特の意匠になるベランダやムクリ屋根の玄関ポーチが付いています。              現在は薩摩切子や薩摩焼を販売するお店で奥側に工房を併設している。国の...

仙巌園内濾過池(鹿児島県鹿児島市)

              猫神神社の少し上に上ったところに格子窓が付いた石造の建造物が目に入ってきました。その建造物の前には登録有形文化財のプレートが。仙巌園濾過池です。明治40(1907)年に仙巌園西方にある千尋巌付近から石製水道管を伝って流れてくる湧水を濾過するために造られ、地下2.4mの位置に布設された水道石管から取水し濾過の後に敷地内各所に配水する。大型切石積の壁面から石造ヴォールト天井を架け、そ...

旧集成館機械工場(鹿児島県鹿児島市)

                   島津斉彬が近代化を推し進め富国強兵を図るために興した集成館事業。斉彬の死去後縮小されますが薩英戦争を経て藩は再び再建に励み元治元(1864)年起工、翌年竣工したのがストーンホームと呼ばれる機械工場です。建物の基本構造は西洋式を踏襲していますが梁があるなどの特徴があります。またアーチを日本で始めて採用した建造物でもあり、煉瓦の代わりに溶結凝灰岩が使われています。明治...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

乗願寺 森本儀太夫の墓(京都市下京区) Jul 22, 2017
大極殿本舗(京都市中京区) Jul 12, 2017
聖光寺(京都市下京区) Jul 09, 2017
宮脇賣扇庵(京都市中京区) Jul 04, 2017
建仁寺(京都市東山区) Jul 01, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR