Entries

光触寺(兵庫県明石市)

         JR大久保駅の北1kmほどの場所にある光触寺。源平合戦で源氏方に付いた父兄弟とは異なり大庭景親の妹婿と言う関係もあって平家方として活躍した佐々木義清と言う人物が平家滅亡後に出頭するも頼朝により父兄弟の功により免じられ、幕府に仕えた後に出家して源平合戦の死者を弔う旅の途中に立ち寄ったこの地で、地元の人々が永住を望み彼のために建てたのがこの寺の始まりだとされます。この寺は秀吉の別所氏攻め...

JRバス東海道昼特急乗車記

北海道&東日本パスで北海道・東北を巡りムーンライトえちごで東京へ戻ってきました。ここから新幹線で素直に帰るか、青春18きっぷでブラブラ帰るか・・・、いや高速バスという手もあるな(笑) ということで数日前に高速バスネットで見ていたところ東海道昼特急が空いていたので座席を取ることにしました。...

旧名取高三郎商店(北海道小樽市)

                           名取高三郎商店は山梨県出身の銅鉄金物商名取高三郎が小樽の大火後の明治39年に建てた店舗で防火のためのうだつを設けています。建物は札幌軟石を使用しており、上部壁体を鉄柱で支える構造になっています。小樽市指定歴史的建造物★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。にほんブログ村...

旧久保商店(北海道小樽市)

         この建物は明治40(1907)年に小間物雑貨卸商を営む久保商店の店舗として建てられたもので、久保商店時代の写真によると道路側の下屋は母屋から木骨石造の蔵まで一体に続いており、蔵は前後に2棟並んでおり母屋の1階は店先として開放できる引戸が入っていました。現在は喫茶店として活用されています。小樽市指定歴史的建造物 ★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。にほん...

旧塚本商店(北海道小樽市)

         旧塚本商店は近江出身の呉服商で建物は大正9(1920)年に建てられた木骨鉄網コンクリート造りの防火構造建築となっています。小樽を歩いていると防火構造建築が多いですが、これは明治37年5月の大火で小樽の街が焼け落ちその後の対策として建てられたからです。小樽市指定歴史的建造物★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。にほんブログ村...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

本能寺(京都市中京区) Apr 26, 2017
祇園ない藤(京都市東山区) Apr 24, 2017
松屋常盤(京都市中京区) Apr 22, 2017
村上開新堂(京都市中京区) Apr 20, 2017
崇禅寺 細川ガラシャの菩提寺(大阪市淀川区) Apr 17, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR