Entries

神戸ルミナリエの準備進んでます

          神戸市中心部では現在神戸ルミナリエの準備が進んでいます。写真は東遊園地の西側に位置する旧居留地仲町通りの風景です。忘れもしない1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)で亡くなられた方々の鎮魂と追悼、復興を祈念し震災の年の冬から開催されたルミナリエも今年で20回目と節目の開催を迎えます。開催期日も規模も縮小されていますが今年は12月4日から15日までの12日間の開催予定で...

若宮神社(兵庫県明石市)

          若宮神社は高山右近が教会として使用した宝蔵寺の隣にある小さな神社です。創建年代は資料によって異なり正確な年代などは分かっていません。池田輝政の時代にこの神社のある林村の住民は交代で水主の勤番を勤め水主料として毎年米93石5斗7升を上納することになり、その後藩主は変わっても上納は続けられてきましたが、延宝4(1676)年4月19日松平信之が藩主の時に水主料が免除されます。村民は大いに喜び若宮...

望海浜 明石藩御茶屋跡(兵庫県明石市)

          船上城跡の南側に位置する望海浜。その名の通り目の前には瀬戸内海、そして対岸の淡路島を望める白砂青松の風光明媚な土地で正徳元(1711)年に藩主松平直明はこの土地を愛し望海亭という御茶屋を建設し景色を楽しんだと伝わりますが、現在となってはどの辺りに建てられていたのか分からず公園西側の茶亭跡の標柱のみがこの地に藩主の御茶屋があったことを今に伝えています。現在は松が植えられ根付きかつての...

出羽殿堤(兵庫県明石市)

                    明石川の大観橋南側沿いには出羽殿堤という地名が残っています。この地域のすぐ西側にあった船上城を明石川の氾濫から守るために船上城主だった池田由之(姫路城主池田輝政の甥)が慶長年間にこの一帯に堤防を築き杉並木を植えています。由之の官名が出羽守であったため出羽殿堤の名が付き、現在の衣川中学校東側付近周辺が築かれた場所になります。                  ...

密蔵院(兵庫県明石市)

          船上にある密蔵院は延喜4(904)年に観賢僧正創建という真言宗大覚寺派のお寺で、室町時代の応永年間に運公が中興、この地方の真言宗の中心寺院として栄えました。過去記事にした十輪寺や坂上寺なども密蔵院の末寺です。江戸時代には大覚寺宮院門跡となり、また歴代明石藩主からの信仰も篤く仏像などの寄進を受け、『播磨名所巡覧図会』では図入りで「東播磨の一大刹也」と紹介されているなど広大な寺域を誇...

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

乗願寺 森本儀太夫の墓(京都市下京区) Jul 22, 2017
大極殿本舗(京都市中京区) Jul 12, 2017
聖光寺(京都市下京区) Jul 09, 2017
宮脇賣扇庵(京都市中京区) Jul 04, 2017
建仁寺(京都市東山区) Jul 01, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR