Entries

鳥居下公民館(宮崎県日南市)

          飫肥

大正2(1913)年に旧鹿児島銀行日南支店として建てられた建物で、前回の旧飯田医院と同じく飫肥城下に明治以降に建てられた3件の洋風建築のうちのひとつです。現在は公民館として活用されており公文式教室などとして利用されているよう。鹿銀記念館でもあるようですが現在も記念館として公開されているのかまでは分かりませんでした。


             

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

旧飯田内科医院(宮崎県日南市)

          飫肥

飫肥城下で明治以降に建てられた近代建築様式の建造物は3棟だけでしたが、そのうちの一軒が大正11(1936)年に建てられた飯田医院(守永家洋館)です。

守永家洋館(旧飯田医院)は、大正11年(1936)建築で、木造2階建て、正面玄関を付け、左右対称で均整がとれている。正面にのみ外壁に天然スレートを使い、他の三方は下見板張りで仕上げている。

医院として建てられ、1階は受付、待合室、内科、外科の診察室があった。2階は8畳2間つづきの座敷、寝室、書斎兼研究室になっていた。中央に廊下を通し、2階への階段は最も奧に設けている。
旧飯田医院と同じ敷地に建つ守永家主屋は、旧医院の尐し前に建てられたと見られる。主屋は玄関が独立していることと、それに中廊下を設けていることに特徴がある。この中廊下によって、接客空間と居住空間が分かれて、その時代の特徴を示している。食堂・台所は廊下により接続し、洋館との接続にも廊下を用いている。所々に改造の跡が見られる。座敷に付けた書院は後に補ったもの、天井までの高さ2.68メートルで比較的低く、縁側は吹き寄せ垂木を配している。これらの特徴から明治後期に建てられたと推定しうる。
 『飫肥のまちなみ―歴史的景観を生かしたまちづくり―』より


            

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

JR日南線飫肥駅(宮崎県日南市)

          飫肥

今回がまさかの3度目の訪問となった日向の小京都飫肥。その入口駅で飫肥城の櫓門などを意識した?感じの木造駅舎です。ただ日南線自体列車本数が少なく飫肥城下とも微妙に離れているため、観光客というよりは飫肥駅界隈に複数の高校などがあるため学生中心の利用者といった感じです。私が初めて飫肥を訪れた時、女子高生が顔馴染みになっているようで駅長さんと少し談笑していた光景がほのぼのとしていて印象に残っています。

駅前には観光案内所がありレンタサイクルもあります。路地の多い城下町巡りは小回りの利くチャリが本当に便利です。


          飫肥 

駅舎と島式ホームとは構内踏切で結ばれています。


          飫肥

観光特急海幸山幸を含め列車はほぼ1両ないし2両での運転。これより今回さらに南下し串間市を目指しますがブログは少しの間飫肥と12年に訪れた際にアップしなかった油津の記事をここで上げる予定でいます。


              

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

JR日豊本線清武駅(宮崎県宮崎市)

       宮崎

現在は市町村合併で宮崎市となった旧清武町の代表駅。近くには宮崎大学医学部など複数の大学・短大がある文教地区で一部特急も停車しますが駅が到着する時以外は駅周辺はひっそりとした印象。一応駅員の配置されている業務委託駅です。駅舎は木造駅舎ですが新しく、和風というよりはウエスタンな雰囲気な趣き。

       宮崎
  

       宮崎

駅舎とは跨ぐ線橋で結ばれた島式ホーム。


             

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村    

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

文永寺跡 飫肥藩主伊東家僑墓(宮崎県宮崎市)

長年の仇敵である島津家と国境を接している清武は飫肥藩の重要拠点であり家老など重臣を地頭として配置していました。文永寺は飫肥藩主伊東家の菩提寺報恩寺の末寺である臨済宗の寺でしたが廃仏毀釈で廃寺となり、現在は歴代藩主の僑墓や重臣、清武に住んでいた飫肥藩士の墓が残されています。


           宮崎
 
飫肥藩主伊東家僑墓
藩主の墓のある報恩寺のある飫肥までは遠くて行けない清武の飫肥藩士が藩主の墓参りできるように建てられたもので清武と南郷に僑墓が建てられました。 

続きを読む

山田越前守有信の供養塔(鹿児島県霧島市)

       国分



         国分


         国分


山田越前守有信は島津家の重臣で日向の伊東家救援の名目で遠征してきた大友家の大軍を相手に僅かな兵と居城である高城へ篭城し結果大友家大敗の遠因を作り(耳川の戦い)、秀吉の九州征伐でも耳川の戦いと同じく寡兵で高城に篭城して抵抗、島津義久の説得により開城するまで城を守っています。その武勇を秀吉より賞賛され天草4万石余りの直参大名に取り立てようとしますが辞退(儀礼上形式的に一度受け取りそのまま返上したとも)、島津家に引き続き仕え家老になっています。

島津義久が大病を患った際には自分が身代わりになるよう神仏に祈り、その願いが叶ったのか有信が義久の身代わりの形で病を得て亡くなっています。葬儀には義久も出て棺を自ら担ぎ追悼の和歌を贈るなど主従関係を超える敬意を表し最期を送っています。

彼は義久の隠居地である国分(現霧島市国分)に義久が開基した龍昌寺に葬られましたが薩摩藩領内のほかの寺々と同じく廃仏毀釈で廃寺となり、現在は国分中央高校などが建っています。有信のこの六地蔵塔供養塔は向花山崎墓地内にあり有信の分骨がされ祀られています。


            

※地図マンション横を入った向花山崎墓地内にあります。

★当ブログのまとめサイトなどへの無断転載・使用は一切固く禁止しております。

にほんブログ村

当ブログを補完するFacebookページを始めました。よろしければご覧ください!
ぶらり歴史旅一期一会(fb版) 

JR肥薩線吉松駅(鹿児島県湧水町)

          吉松

現在は肥薩線の駅であると同時に都城とを結ぶ吉都線の始発着駅でもある吉松駅。その昔は鹿児島本線と日豊本線の分岐駅であり、それ以外にも山野線や宮之城線といった支線も担当する吉松機関区が構内に置かれ旧吉松町の人口の3割が国鉄職員とその家族といわれるぐらい鉄道と共に栄えてきましたが鹿児島本線は海ルートになり、宮之城線や山野線が廃止された現在はローカル線の主要駅といった雰囲気で昭和の国鉄地方主要駅に多いタイプの駅舎です。












続きを読む

JR肥薩線真幸駅(宮崎県えびの市)

          肥薩


真幸駅は肥薩線では唯一の宮崎県内にある駅です。明治44(1911)年の駅開業当時からの木造駅舎で人吉方面からだとスイッチバックをして駅に停車(吉松方面からだと駅を発車してからスイッチバック)することになります。





続きを読む

Appendix

プロフィール

けん

Author:けん
戦国武将にまつわる史跡と味のある建築探訪をテーマに暇を見つけては各地を彷徨っている40代前半の会社員(オッサン)です。ノスタルジックなもの・ローカル色強いものを好む習性があります。

※公序良俗に反していない限り基本リンクフリーですが、ブログ内全ての画像・記事の無断使用・転載はまとめサイト含め一切固くお断りさせていただいております。

カテゴリ

twitter

にほんブログ村

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

トーハクねこシリーズ

にほんブログ村

タグリスト

最新記事一覧

ながさき鯨カツ弁当 Jun 24, 2017
文明堂総本店(長崎県長崎市) Jun 22, 2017
福砂屋(長崎県長崎市) Jun 20, 2017
青松(宮崎県宮崎市) Jun 18, 2017
JR日南線日向北方駅(宮崎県串間市) Jun 16, 2017

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR